- 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -
≪ 2017 04                                                2017 06 ≫
 食事の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 食べても良いとはいっても・・・ 

お腹に優しい食事作りに日々奮闘中~ ε-(;ーωーA

以前は、和食・洋食・中華をローテーションしていたし、
食材も出来るだけ多く使う工夫をしながら作ってはいたけれど、
今みたいに限られた食材や、和食中心のお料理にかなり戸惑ぎみ (==;)
100冊以上持ってるお料理本だけど、
意外と脂っこいものや、お腹に優しいとはいえない料理が多いのよねぇ・・・( - ゛-)

ところで、
トンちゃんが通った病院ではどこでもあまり食事療法については話を出されませんでした。
どちらかというと、
よほど悪くない限り、普通食をという感じで、
牛乳を止めることも成長が悪くなった事例があるので飲んでくださいとのことでした。
もちろんその他の食事や、その量も、
成長期ということで普通以上にして下さいと言われました。

トンちゃんは、もともとあまり大きい方でなく、
背も、体重もずっと小さい方で、
だから、出来るだけ普通にしたいのは当たり前ですが、
やっぱり お腹がゆるくなり始めると、普通食ではいられない気分になります。
もし、消化できないまま大腸までいっちゃったら・・・とか心配になるし、
出来るだけ刺激の無い、吸収率のよい食材を選びたい気持ちが出てきます。

で、奮闘中のママなのです♪

でも、イマイチ レパートリーが・・・(^▽^;

最近は、すっかり鍋料理にハマちゃって(楽チン)
中に入れる食材は同じで、味付けを変える作戦に(爆)

でも、そのうちやっぱり飽きるだろうとは思いつつ、
ワイワイ食べればナンデも美味しいってことで許してねん♪


にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

スポンサーサイト

 カレーが原因? 

今日のお腹の調子はというと、

今朝は、久しぶりに軟便ながら形のある便がでていました。
こんな日はとってもホっとします。

だから、気分よく外出し、戻ってくると・・・
トンちゃん一言

「お腹の調子が・・・ドロドロ・・・」

アチャーーーっ (++) またかぁ・・・ ガッカリ

で、いつものように反省会 (心の旅)

記憶を辿り、昨日の晩ご飯や今日の朝ご飯、そして就寝時間や、お風呂の温度・・・
はたまた入浴剤を入れたか入れないかまで考えます。
(あとストレスとか・・・)
どうにか原因を突き止めたいと思う親ごころです。。

(あっ ちなみに入浴剤は関係ないとは思うんですけど、
 以前に銭湯に行った時に、“とうがらし風呂”ってのに入ってお腹壊したんです。
 その時、病院の先生に皮膚から浸透するものかどうか尋ねたら、「する」と答えたので
 一応頭に入れています。)


で、今日の学校給食の献立を見ると、
「カレーサンド」

これかなぁ~?

入院中、便がゆるいくらいなら普通食が出ていたんですけど (もちろんカレーも)
やっぱり食べてゆるくなるのだとしたら気になります。


はぁ~~

便が悪いと、テンション下がりますねぇ・・・(〃´o`)=3



にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

 食事 2 

入院後すぐに絶食になり、その後、低残渣食になった事は少し前に書きました。

その時に、出ていた食材は、今後の参考にと思いメモを取ったのですが(8月4日の日記に書いてます)

絶食後出た食事はみごとに、野菜がはぶかれ(笑)、乳製品も除かれ、油物や、消化に難しいものは除かれていました。
もちろんクタクタになるまでニンジンなどは煮られたり、つぶされたりしていました。

家庭では、お腹を壊して食事を制限していても、
やはりバランスや、たんぱく質の不足を考えてしまい、少しはいいかな・・・なんて思って出していました。

お腹の調子が本気でよくない場合、
もちろん長期にわたると体調にも響くだろうからいけないと思うけど、
短期間なら思い切った食事でお腹への負担をのぞいてあげることがいいのかもしれません。

で、
今、入院中のトンちゃんの食事はというと、普通食。
しかも、ご飯の量は多目。(^^;
この年齢の子の摂取カロリーを考慮してあり、かなり高カロリー、高たんぱくです。
もちろん、
脂っこい揚げ物や、れんこん・キャベツなどの腸に効きそうな野菜(笑)、
タコのような消化に悪そうな硬そうな食材、
カレーライス、
ぶどう(下痢の時にはよくないとされてる)や、メロンやスイカやバナナなどのいろいろな果物、
そして、牛乳にヨーグルト・・・
全部出てきます。

ところで、ヨーグルトですが、これ、私的に微妙な気がしています。
ぽこママは、どちらかというと便秘だけど、ヨーグルト食べたら出ます。
善玉菌のおかげ?ですよね?

こないだいった広島のお医者さまは、ヨーグルトを食べて便の回数が増える事は何ら悪い事ではないと仰ってました。
ただ、ヨーグルトを食べたから増えた事を自覚(?)確認(?)できてればよい話だと。

で、話は戻って、おととい、トンちゃんは少しゆるいウンチが出ました。
朝、ヨーグルトが出てたと思います。
ぶどうパンとミルクスープ(たまねぎ、ニンジン)と、野菜サラダ(ブロッコリー、キャベツ、ミニトマト)と、バナナとヨーグルトと牛乳。

・・・っていうか、すごくお腹に良さそうな・・・便秘に効きそうな食事ですね・・・(-"-;A ...アセアセ

多少お腹がゆるかろうが、このような食事を摂っても構わないということです。
量もたくさん出てきますし。

今、入院しているお医者さんも、広島のお医者さんも、どちらも同様に食事は関係ないと仰っていました。
ただ、低残渣食をしていた時期があるということは、
今の腸の状態・・・・1日の便の回数が少ないことや、血便がない、お腹が痛くないということがあるからだと思いますが。

ちなみに、やめておいた方がよい食品を聞いてみました。(入院中の主治医に)
すると、
一般によいとされている食べ物は全てよいが、
刺激のある調味料を使ってるもの(キムチなど)や、
コーラのような炭酸 (飲んでもよいが、わざわざ飲まなくても良いのでは・・・みたいな反応)、
ポテトチップスやジャンクフード (別に少しなら食べてもよいけど、中の保存料などはやはり気になるとのこと)。

カレーライスは出てくるから、あれくらいの刺激はいいってことね・・・フムフム


ちなみにですねぇ・・・
トンちゃんのお腹の調子が悪い時(柔便)に食べさせて悪化(さらにゆるくなった)したものといえば、
ウナギにサバ・・・です。
魚だからいいかと思ったけど、油っこすぎたのでしょう。

食べ物をどこまで気にしなくてよいのかは、これから追求していかなくちゃいけないとこです。













 入院中の食事 

入院してすぐに絶食になりました。
検査が2日後にありましたが、それまで絶食。
その時点で2日半食べていません。
特に検査当日はお水も飲めない状態で、本当につらそうでした。

が、検査が終わると、とりあえず飲み物だけが許可。

ついに、お腹が空いたと訴えるトンちゃんに、先生もちょっとだけ困り顔をしながら、
おかゆがOK~ってことになりました。
(ステロイド治療も同時に始まりました。)

数日間の主な食事内容は・・・ <低残渣食>

☆ 全粥 又は うどん (最初はこまかく切ってありました)
☆ たまご料理 (半熟のいり卵、たまご豆腐、オムレツ)
☆ 豆腐料理 (辛くないマーボー豆腐・・・お肉は鳥肉(ササミ?のミンチを使っていました)
☆ ニンジン、ポテトのサラダ (マヨネーズであえてなくて、うす塩味)
☆ 白身魚の煮物 (みをほぐしてありました)
☆ 小エビ (エビが出たのにはちょっと驚き。ただ、ほんの少量(3匹程度)
☆ さといも料理 (煮っ転がし) (最初は離乳食のようにつぶしてありました)
☆ くずきり (春雨ではなく、くずきりだったように思います。鍋のようにして出ていました)
☆ リンゴジュース (透明な100%ジュース)
☆ モモ缶 (桜桃の缶詰だと思います。サイコロ状に切ってありました。)

その後 3~4日<やはり低残渣食>

☆ 全粥 又は うどん (うどんが切らずに出てくるようになりました)
☆ たまご料理 (最初とほぼ変わらない内容ですが、やはり柔らかめ)
☆ 豆腐料理
☆ ポテトサラダに、かるくマヨネーズ味が加えられました。
☆ 白身魚の焼き魚 (ピカタのようにタマゴで両面を焼いているものも)
☆ さといも料理 (つぶさず出てくるように)
☆ 小さじ1杯程度のケチャップが添えられる事も出てきました。
☆ 野菜がニンジンくらいしか入ってなかった鍋に、しいたけが1個だけついてました。
☆ おやつが出始め、 ボーロ 、 ウエハース 、ビスケット


ここで、わかるのですが、食べてもいい食材が決まっていました。

☆ おかゆ 、 うどん 、 たまご 、白身魚 、とうふ 、じゃがいも 、にんじん 、さといも、ササミのミンチ、小エビ、リンゴ、モモ缶

それらを調理法を変え、蒸したり、まぜたり、別々に調理したりして出てきました。

これは今後、調子の悪い時のためにチェックです。

それでも、
量がとても少なかったです。
赤ちゃん用のおちゃわんに、少しずつといった感じでした。
12歳の男の子がこれで満足するはずがないっ!

なので、先生にまたもや訴えていました。(入院から1週間後)

「もっと量を多くして・・・」

すると、先生、

「明日からは普通食でいいですよ☆」

これにはママもビックリ!
下痢は、びちびちだし、もし家でこの状態だったら、絶対に普通食をあげない!

まだしっかりしない便に不安を覚えながらも、食事は普通食へと変わりました。


ちなみに、

からあげも、フライも、牛乳も、ハンバーグも、きのこも、おやつにはクレープも出てきます。

先生に、便の調子と合ってないんじゃないか、不安である事を伝えると、
便が下痢とはいえ、1~2回にまで減っていて、お腹も痛くない、血便もないってことで、
この年齢の子の必要摂取カロリーに合わせて出しているとのこと。
下痢は、もともとの個人の大腸の水分の吸収の力によっても違ってくるとのことで、
そう重くは受け止めてないようなニュアンスでした。

ついでに、少しならポテトチップスもOK。
好きなパンもOK。

病院の食事とおやつ以外にも、何か食べても構わないといわれています。

・・・・・・・・・ 嬉しいけど ・・・・ この微妙な気持ちはなんなんだろう ・・・・・








ぽこママ5

Author:ぽこママ5
ぽこママ(ブログの管理人)
トンちゃん 12歳 (潰瘍性大腸炎)

ぽこママ5

Author:ぽこママ5
ぽこママ(ブログの管理人)
トンちゃん 12歳 (潰瘍性大腸炎)

現在の閲覧者数:
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。