- - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -
≪ 2017 03                                                2017 05 ≫
 病院の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 転院しました☆ 

朝、トンちゃんを連れて新しい病院に行ってきました。

その病院は、トンちゃんが産まれた総合病院ではあるけれど、
もう10年ぶり?
一応まだ持ってた診察カードですが、すでにデザインも変わってました^^;


とりあえず、紹介状を持って、受け付けへ。
そして、紹介いただいた先生の元へ行きました。

今日から行く病院では、
潰瘍性大腸炎でも、12歳以下は消化器科ではなくて小児科で診てくれるとのことでした。
消化器科には、潰瘍性大腸炎とクローン患者のために週1で午後から時間を取ってあるとのことです。
高校生以上でたくさん来られてると聞きました。

で、トンちゃんですが、本来、小児科で診ていただくはずですが、
紹介いただいた先生が、別の科に今おられ、その科で見ていただけることになりました。

別の科・・・というと専門外のようで一瞬心配になりましたが、
その先生は大腸の専門の先生で、その科には大腸専門の先生が3人おられると聞きました。
安心しました。


診察室に入ると、優しそうな年配の先生がこちらを向いて、
トンちゃんにむかってくれた第一声が、

「心配したね。」

でした。
この病気と向き合っている12歳の子供に掛けてくれた優しい言葉に、ママはとても嬉しい気持ちになりました。
先生のお人柄がわかるようでした。

その後、これまでの病気の経緯や、飲んでる薬のことを話しましたが、
広島の先生の方からわざわざ連絡を入れていただいてくれていたことと(本当にありがたいです)
広島の漢方に理解があり話はスムーズに進みました。

先生は、
「とても良く効く薬だからね。効かない人は5%~10%くらいだから」

っと、トンちゃんに向かって笑顔をくれました。

次に、ペンタサやステロイドとの併用の話になり、ステロイドは、このまま減らしていく方向になりました。

ペンタサも、今、6錠飲んでるところを、明日から3錠にしようねっということになりました。
「それでよいですか?」
と、問われたので、
「ハイ」
と答えました。
これまで、薬が多量に増える事はあっても、減った事がないので、一瞬躊躇しましたが、
減らせるのなら減らしたいと思ってたのでOKしました。

ステロイドが無くなったら、それに付随している タケプロン(胃潰瘍予防の薬)やビタミンD(カルシウムの吸収率を上げる)などもやめましょうとのことでした。
消化剤や、ラックビー(整腸剤)も便の調子を見ながら考えていきましょうと。
そして、最終的には、漢方だけでやりましょうという言葉が出ました。

もちろん、こちらはそれを願っていたのですが、診察初日での、その言葉に驚きました。
でも、実は先生、12歳以下の潰瘍性大腸炎を診た事が無いらしく(クローンは多かったと聞きました)、手探りになるけれど様子を見ながらやっていきましょうとのことでした。

「一生の病気だから、長いスパンで見ていきましょうね。」

っと。

ちなみに、先生の患者さん(大人)には漢方を飲まれた方が既にいらっしゃるようです。
お二人と言われてました。

( あぁ・・・だから、理解があるんだぁ。。 )

病院をかわる前に思っていた、客観的に診ていただくという事では、ちょっと違うかもしれませんが、
広島の先生と新しく診ていただける先生の治療方針が同じなので、
こちらも安心して進めていけそうです。


それから、前の(昨日までの)病院で言われていた、
「悪くなってきているので、このままでいくと ステロイドを25mgまで増やし、入院」
では、
目をつむり、横に首を振っておられました。


そして、何より、この一言が嬉しかったです。

ママ: 「2週間後に修学旅行があるんですが・・・」

先生 : うんうんとうなずきながら、 

     「行ってきなさい♪
      荷物持っていきすぎないようにね~w
      えっ? 1日?? トンボ帰りかぁ~ www」



帰り道、学校にトンちゃんを送りながら (チョー遅刻)
とっても軽い足取りと、妙にハイテンションなママでした。
こんな気分は、広島の漢方へ行った時以来です。
あの時と同じような希望と、あの時と同じような開放感です。



  きっと、トンちゃんはそれ以上にだね♪ =*^-^*=





  覚書き : 今日は久しぶりに血液採取。
         次の診察 (2週間後)には、便を持っていく。 (2日分)
         当日とった便じゃない時には、冷蔵庫で保存。 (ギョエエエエエ)
         薬の飲み方が変わったものがあるので注意。(食後に飲んでたものを食前など)
         風邪薬をやめる。 特にクラリシッド。
         * クラリシッド
        ◆注意すること◆ 呼吸困難、腹痛、激しい下痢、
                   出血しやすい(鼻血、歯茎からの出血、あおあざができる
                   などの症状が見られた場合は医師に相談。

        予約前に病院に行った方がいいタイミングは、

        ☆ 熱が出た
        ☆ 腹痛
        ☆ 便の回数が急激に増える 
        ☆ 粘血便が出る

                               以上 ・・・だったかな?(汗)

にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ

スポンサーサイト

 紹介状ゲット! 

昨日、思いっきりイヤな顔されてしまった紹介状ですが、

ゲットできました!

朝、外来の看護婦さんから電話があり、取りに行ってきました。
これで、いよいよ転院です。

本当は、ムリに病院をかわるつもりもなかったし、
漢方を飲みながら、今飲んでるお薬は引き続き今の病院でいただいて、
検査なども今の病院でしていただこうと思ってました。
客観的に見てもらう事がよいだろうと思っていたし、
漢方の先生も、
「これまで診ていただいてる先生は経過を良く知っておられるので出来ればそのままでお願いしてみてください」
との事だったので、そうしてみるつもりでした。

が、全く理解を得られるどころか、批判的な態度だったので、
かわる決心をしたわけです。

転院も多少の不安はあるけれど、前向きに行かなくちゃ!

きっと何かが良くなっていくハズ。

よっしゃ! がんばるぞっ!



ぽこママ5

Author:ぽこママ5
ぽこママ(ブログの管理人)
トンちゃん 12歳 (潰瘍性大腸炎)

ぽこママ5

Author:ぽこママ5
ぽこママ(ブログの管理人)
トンちゃん 12歳 (潰瘍性大腸炎)

現在の閲覧者数:
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。