- - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -
≪ 2017 07                                                2017 09 ≫

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 転院する事にしました 

主治医の先生に漢方を飲むことを話してみました。

ステロイドやイムランは極力増やしたくないことや、
漢方を試してみたいことを話しました。

すると、

主治医 : 「それってどんな漢方?」

ぽこママ : 「えっと・・・無認可ではあるんですが・・・」

主治医 : 「漢方とはいえ副作用はあります。
        副作用への保障は、無認可では一切ないし、
        もし何かあった場合の対処法もわからない。
        通常認可されてる薬であれば副作用がでた場合もなんらかの保障がされる。
        何かあった時誰が責任を持つのか、
        その薬を使うようになった場合、今の薬はどうするのか。
        今飲んでる薬を含め向こうが全ての薬を処方すべき
        遠隔で指示する許可を厚生省から得ていないハズ
        何の権限があって、他の病院の処方に指示できるのか」

ぽこママ : 「・・・・・・・。」

主治医 : 「今の調子は確かに良いとは言えません。
        再燃する可能性があります。
        通常の治療法でいくと、ステロイドを25mgまで増やして、
        それから15mgに減ったところで免疫抑制剤を使います。」

ぽこママ : 「25mgというと、入院になりますか?」

主治医 : 「そうなりますね」

ぽこママ : 「今月末は・・・・修学旅行なんですが・・・・」

主治医 : 「・・・・・・・・・・・」



病院をかわるしかなさそうです。

それに、この先生には特に強い思い入れはありません。
検査の腕は確かによく、トンちゃんはある程度信頼しはじめているようですが、
相手の心を無視した発言や、相談や質問しにくい威圧感のある態度などが、
心身共に弱った患者や家族としてはキツイです。
ずっとそう思っていたけれど、
他に逃げる場所もなく、相談できる病院もなく (探してなかったのですが)
ただただ頼るしかなく過ごしていました。


パパにメールしました。

「ムリ (この先生じゃムリ・・・) 」


決断することになりました。







スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














ぽこママ5

Author:ぽこママ5
ぽこママ(ブログの管理人)
トンちゃん 12歳 (潰瘍性大腸炎)

ぽこママ5

Author:ぽこママ5
ぽこママ(ブログの管理人)
トンちゃん 12歳 (潰瘍性大腸炎)

現在の閲覧者数:
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。