- - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -
≪ 2017 06                                                2017 08 ≫

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 先生の人柄 

ぽこママ、とても心配性です。
トンちゃんの病気のことも、自分の事ならもっと楽でいられるのかもしれません。
どこの母親も同じだと思うけれど、子供の身に起きている事だからこそ辛いのです。

だから、ワラにもすがる気持ちで広島の先生の元を訪れました。

初めて病院に行った日、
紹介状も持たず訪れた私たちを迎え入れてくださいました。
(受け付けでは軽く叱られましたが・・・苦笑)

そして主治医の先生から漢方を飲む許可を取る必要があるとの話の中で、
先生は、

「 どうにか助かりたい。 試してみたい。という患者に対して、
 それをダメだと拒否する先生なのだとしたら、
 その先生は、人間的にどうか・・・と私は思います。
 もし、それが(病気にかかっているのが)自分だとしたらどうするか・・・」

と、仰られました。
でも、

「だからと言って、決して喧嘩別れなどする事のないように、
今の主治医の先生は、病気の経過や、たくさんの事を知ってくださっているのだから出来れば上手く付き合っていくように」

と勧められました。

私は、患者の立場に立ったその言葉だけでも、
ここまで来て良かったと思えました。

もちろん、その言葉だけで コロロっと漢方を始めようと思ったわけではありませんが(笑)
とても温かな先生だと感じました。

それから、家に戻り、メールのやりとりをしているのですが、
メールの返事は思ったよりかなり早く帰ってきます。
病院の仕事をしながらではあるし、1~2日待たされる事は覚悟していたのですが、まずそのような事はありません。(海外とかに行ってると別)
忙しいと思うので、申し訳なく思う程です。

そして、薬の減り具合や調子を、経過表を見て返事をくださいます。

この数日も、下痢(水様便ほどではなく泥状)が続き、ちょっと心配していたのですが、
調子はどうやらそれ程悪くないようです。(複合的にみられてるのだと思います)
他の薬も上手くいけば順調に減っていきそうです。
(今、8種類(?)それ以上(汗)飲んでますからね・・・^^;)

先生からのメールに
「安心しました」
と書かれてありました。

心配くださった事が嬉しく思いました。
スポンサーサイト


 この記事へのコメント 

この記事へコメントする














ぽこママ5

Author:ぽこママ5
ぽこママ(ブログの管理人)
トンちゃん 12歳 (潰瘍性大腸炎)

ぽこママ5

Author:ぽこママ5
ぽこママ(ブログの管理人)
トンちゃん 12歳 (潰瘍性大腸炎)

現在の閲覧者数:
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。